‘Blog’ カテゴリーのアーカイブ

馮志強老師永眠

2012年5月5日 土曜日

本日午後、85歳の馮志強老師はこの世に去った。
とても穏やかな先生でした。
昔可愛がっていただいて、指導もいただいたほど
本当にいい先生でした、何年前は日本にいらっしゃった時は
同席させて、お食事や講習会も行きました、
田秋信師匠の師匠となっています、
本当に残念なことでした。
心より感謝しております。

取り急ぎ知らせ!

2月11日の推手教室さらし

2012年2月14日 火曜日

11日の推手教室は13名参加し、とてもよい勉強会となりました。
四正手をやってみたけど、なかなかうまく行かず、ゆっくりと「棚」、「捋」
の動作を中心でやって見ました。2時間半で頑張りました、「棚」はとても難しく、
「棚」、「捋」、「挤」、「按」ですべて「棚」ですとも言えるほど、
「棚」の重要さを改めて説明しました。呉式でも、陳式でも、制定拳でも
「棚」の動作で始まり、「棚」で終わり、両手は外で押しこむだけで「棚」
がならず、きちんと背中と両手の外に張る力を使って、やっと「棚」
に近づく、一生懸命前に手を出すではなく、しっかりと背中から、
肩甲骨から両手は前に送り出す、代わりに、背骨は後ろの方に出すような感じ。
体重後ろに移動するときはおしりから下がると、潰れてしまう、ですから
膝を曲げて、その時お尻は後ろに行かず、お尻は前に少し移動させ、背中から頸髄
で下がっていくような感じ。なかなか難しいものです、でも皆さん楽しくやっていました。
次回は3月となります。
ぜひたくさんの方々は推手を楽しんでもらいたいです(人´∀`).☆.。.:*・゚

陸瑶より

健身太極拳教室

2010年4月21日 水曜日

大陸武術協会では、健康指向の方々のために、健身太極拳教室を開設しています。

この教室では、太極拳の基本の立ち方、体重の移動の仕方、歩き方を丁寧に指導しています。

套路は簡化二十四式太極拳で、練習した基本動作を使って動作を行う事を目標としています。

お教えしている内容のポイントを掻い摘んでご紹介します。

立ち方のポイント:

膝はつま先から出さず、膝を開いてつま先の方向と一致させる事で身体を沈めます。おしりを出したり、前に傾いたりしません。また、無理して姿勢が維持できない高さまで下ろさないようにします。

※これは、太極拳の立ち方の基本で、安定して立つという技術を磨きます。

体重移動のポイント:

もう一方の片足が自由に上げられる状態まで、片足にシッカリ体重を乗せ、乗せたら身体を回転します。体重を移動する時は、踵、つま先を地面につけ、膝と股関節を緩めて準備が整った上で体重移動を開始します。体重を移す時は身体を回転させず素直に移し、完全に体重が移って重心が片足に乗ってから腰を回転します。

人が普通に歩くときは「動歩行」と言って倒れながら移動する方法を取りますが、太極拳は能や狂言と同じく「静歩行」という完全に一方の足が完全に設置してから重心を移動する歩き方となります。この歩法を身につけることで、不安定な場所でも転びづらく安定して歩くことが可能となります。

太極拳は正しく行えば大変体が強くなり、健康に良いものですが、間違った姿勢で行うと腰や膝を痛めてしまう危険も伴います。

当会の教室では、生徒さん一人一人、姿勢を調整しながら練習を行っています。

—————————————————————————————

「片足に乗る」というのは、太極拳ではとても大事な事ですが、普通の人が片足立ちすると、キツさやバランスを取るために身体が逃げてしまい、骨盤が傾き背骨が歪んでしまいます。

これを調整しながら練習を続けると、逃げずにバランスよく立てるようになります。週一回の練習でも、数ヶ月で皆さん見違えるように上手に立てるようになりました。

伝統的な太極拳の技術で強く健康になりますので、是非体験にいらして下さい!

大陸武術協会ブログ開設しました!

2010年4月13日 火曜日

みなさん、こんにちは!大陸武術協会事務局です。

この度、大陸武術協会のブログを解説いたしました!

こちらでは当協会の活動報告や、武術に関するあれこれを投稿する予定です。

皆様よろしくお願いいたします。