2011年10月 のアーカイブ

初めての推手教室

2011年10月8日 土曜日

今日は大陸武術協会の初めての推手教室です。
日本に来てから、太極拳を教え始めてから初めて推手を教えました。
色々と考えて、不安もあったけど、何とか楽しく、皆頑張ってきた。
実際の推手の練習は本当につまらないです、例えば「打桩,靠桩」
などは全て基本の練習から始めるんですが、でも日本でもなかなかできないです、
だから今日は推手の練習の始まりは今回北京から仕入れた「二棒子」を使って、
八の字の螺旋運動でした。二人ペアで棒を持ち、八の字をかきながら、手首の回転、
と腰の回転を中心で回して、その後「喂手」という事を教えて、片方は一所懸命力入れて、片方腰の回転の「空」を練習させ、これはなかなか難しいもんだ、力を入れる方も腰回転する方もお互いに相手の力を聞きながら、やって行かないと、綺麗な「空」ができない、力入れる方はなかなか全力でやらないと回転する方もうまく回転ができないです。
推手上手くなれるかどうかは本人のセンスではなく、一緒に練習する相手はとても重要です。
今日の推手はやるとやられるの感覚を皆に教えて、肘を開いっちゃいけない、肩が上がっちゃいけない理由は皆推手で理解してもらって、更に螺旋や内旋、外旋の使い方を教えて、関節技など、2時間があっという間に終わりました。皆少しずつ出来るようになり、本当に嬉しい限り。今日は畳の柔道場で推手ができた、本当に良かった、怪我やしで済んだ。
皆さんこれからも頑張りましょう。

中国の研修旅行

2011年10月4日 火曜日

久々に中国に行って来ました、24人の会員さんを連れて、親でもあり、子供でもあり、世話人でもあり、通訳でもあり、先生でもありのあたしは本当に疲れました。だけど楽しかった。面倒だけど、皆と一緒に楽しかった。
更に老師達の素晴らしさを感じて、今回の研修は価値があり、李秉慈老師は衰えてきたんですが、さすかに目が悪くないです(´・ω・`)我々の動作はバレバレでした。昨年の事を思い出した、ホワイトボートに一生懸命書いてくれた、8時間立ちばなしで教えていただいた、今年はほぼ座ってママで教えてくれた、口は相変わらず。
田秋信老師来年は70歳になります。毎年元気になったなぁと思いつづ、先生からいろんな太極拳の使い方を教えていただいて、これじゃ追いかけられないじゃんとショックでした。
まぁ二人の先生は元気でよかった\(^o^)/来年も行けるように頑張ります。先生方たちも頑張って欲しい。