‘カンフー 呉式太極拳 陳式太極拳 陸瑶 子供 武術 伝統’ タグのついている投稿

11月5日(日)第四回伝統呉式太極剣講習会案内

2017年10月30日 月曜日

四回目伝統呉式太極剣講習会です。

  半分まで進んでいますが、やはり午前中の三時間は前回の復習になりますので、時間がある方、ぜひどうぞ。
  伝統呉式太極剣は剣の中にもっとも難しいと言われ、剣として、これ以上の使い方がないと言われ、だから面白いんだ、
だから教えたいんだ、だからこの剣を学ぶ以上は他の剣を簡単に見えるかもしれません\(^o^)/あたしがそうでした。

  伝統呉式太極剣と言っても、呉式太極拳をやったことがないかはだめですとは言いませんが、
剣は全くやったことない方にはご遠慮頂きたいです。基本的に剣ですから、更に難しい使い方が沢山があって、
剣が触った事がない方にはちょっと無理です。

  この機会を使って、是非伝統呉式太極剣の魅力を感じて、楽しんで頂ければ、あたしにとって幸せです\(^o^)/

  どうぞよろしくお願いします

時間:11月5日(日)
   午前:9:00~12:00 (8:40~受付)
   午後:13:00~15:00
場所:八王子市甲の原体育館<第一体育室>>
講師:陸瑶
参加費:5000円
お問合せなど:yao@taijiquan.jp

老師たちm(__)m

2011年9月9日 金曜日

 最近はいろんなことがあって、老師たちのことを思い出す。今振り返ってみると、自分はまだ武術初めて間もないころ、北京にある東城武術館で武術を学び、その時は形意拳の駱大成師匠、呉式太極拳の李秉慈老師、八卦掌の程派劉敬儒老師と尹派朱宝診老師、楊式太極拳の張永涛老師と催中三老師、張家功夫の劉鴻池老師などなどのたくさんの老師がいらっしゃいました。毎日武術館で楽しく武術の事に語り合いながら武術館で若い子供達中心で育っていた、あたしはその時その若い子供のなかの一人でした。自分は形意拳の呉式太極拳だけ中心で習い、母親の仕事関係で他の老師とは叔父さんと最初で読んでいた、老師たちはあたし本当の子供の様に可愛かってくれて、武術に関して保留がなく、いろんなことを教えていただいて、本当に楽しかった、やはり素晴らしい老師たちですから、教えていただいたときは怖かった(´・ω・`)さすかに武術家と思っていた、叩くのは当たり前で、棍で殴られ、教鞭みたいなものに叩かれ、毎日過ごしていた、でもやめなかった、根拠あるわけではない、ただ、友達と毎日楽しかった。稽古以外の時は老師たちは優しかった。心の支えになった。老師たちは若かった。
 日本に来てもう12年に入りました。あたしも大人になった、親になった。老師たちはお爺ちゃんになった、毎年老師たちと合うたびに心が痛む、皆年をとった、心は昔のままだけど、体が衰えているのは見えます。後悔しながら、毎年時間を作って老師の元に帰り、もっともっとたくさん習えばよかったなのにっと昔の事に後悔。老師達の情熱、老師達の素晴らしさ、老師たちは武術に関しての愛は心から尊敬しています。
 あたしは何かできるの???いつも自分に聞いています、老師たちから武術を学ぶだけではなく、老師たちの心も学ぶべきだ。そう決めた自分は頑張る、強く生きて行くしかない。今まで以上に頑張ります。今まで以上に強くになります。必ず。
 これからの社会に少しでも老師たちみたいに何か残したい。

ーーーーー今の心ーーーーー

簡化二十四式太極拳

2010年9月7日 火曜日

簡化二十四式太極拳というのは、当時中国政府は太極拳を世界に広めようとして、
もともとの奥深い、難しい太極拳を簡単化にして、できた健康太極拳であり。
簡単化したというのは単純に伝統太極拳の動作の数を減らしたものではないです、
たくさんの動作はもっとやりやすく様に、ラジオ体操風にしたものです。ですから奥深い、
中身を充実している太極拳ではないです。一生懸命勁力を繋がろうとすると逆に身体に負担をかかってしまうことがある。
制定拳の中には多数のものはそういうものです。本当の武術をやりたい方にはお勧めできません。
伝統武術を正しくやっていくのは中国武術のひとつの楽しめ方です。

でもあたしも簡化簡化二十四式太極拳を教えています、なぜか教えているのかとよく聞かれます。
確か簡化二十四式太極拳は勁力や中身などは伝統武術と比べられないですが、
基礎として、まったく太極拳を知らない方にとっては入りやすい、一つの体重移動
一つの足の出し方でもうまくいけば、もし将来的に伝統武術を習うとしても役に立つ

前提:

①正しく簡化二十四式太極拳を習う

②奥深く考えない

③勁力などのわからない言葉を気にしない

手の位置

2010年6月20日 日曜日

太極拳は流派により動作がちがう、最近たくさんの初心者に教え始め、みんな共通の問題が発見。下の手の位置はいつも後ろに行き過ぎ。
これに関して少し説明したいと思っております。

例えば:ろう膝拗歩の動作、下の手はどこに置けばよい?

あたしの理解は太極拳を使うものです、自分を守りながら使わないと武術に成りません。動作自体は上の手は自分を守るため、胸の前に置いている、その位置は自分の心臓あたりまで守ることができる。下の手は膝の辺りに置くこと、でも確実にどっこに置くのか!いろんな本やいろんな先生の説明を聞き、確実に場所は決められないようです。でも実際に決めています。

膝の外側で視野の中に指先を入る

この位置は自分を守りやすい、目線はまっすぐに見る、下の手は下半身を守るためもある、相手からの攻撃を受けるため、視野に入る範囲で一番動きやすいだと思います。見えないと手の動きは鈍くなります。見過ぎると、重心は崩れ、ですから、指先を見えるとちょうどいいだと思います。

動画アップ

2010年6月17日 木曜日

随分待出せました(・。・;

やっとyoutoubにアップできました。

興味がある方はどうぞあんまり酷く叱らないでねぇ、結構凹むから(@_@;)

http://www.youtube.com/user/taijixiong

今日の教室

2010年5月1日 土曜日

子供カンフー教室
「弓歩」、「馬歩」、カンフー体操に中心でやりました。
初めて子供たちに厳しく指導しました、みんな頑張っていた、
終わったら、側転はやりますかと聞いたら、みんな壁に座り、
もう疲れたという顔でした。頑張れ、南関東ブロックJOCに出よう。(^。^)y-.。o○

呉式太極拳教室
今日は体重のかけ方に中心でやりました。
「弓歩」の時は重心親指にかけるではなく、足裏全面にかけ、
少し気持ちぐらい小指の方に体重をかけると膝はつま先の真上に持っていけます。少し太もも外に張る様に心掛けて、やってました。

陳式太極拳教室
今日は体重移動を中心でやりました、
やり方壁に背中をつけ、足の踵は壁から5センチほどはなれ、足をひらいて、つま先は20度ほど開く、体重おろし、膝はつま先の前に出ない、背中は壁につく、お尻は壁から離れる、おへその後ろは壁に着く、肩甲骨壁から離れる。